少女展爛会をやりました

10/27、TRPG少女展爛会のセッションに 参加させてもらいました。

ヴィオニエ - 少女展爛会キャラクターシート(β版)

記念として「後から生えてきた前日譚」をでっち上げたので載せておきます。

 

ヴィオニエ日記

 

十月某日 晴れ

 今日は良い天気だというのに日がな一日部屋に閉じこもり机に向かっていたが、一向に筆はのらず、何の進捗も得られなかった。

 無限の想像力を有する天才ならいざ知らず、やはり私程度の似非物書きにとって物語とは自然と頭の中から湧き上がってくるものではないようだ。

 次の脚本はまだかと劇団の皆にせっつかれてはいるのだが、こういう時こそインスピレーションを運んでくれるような新鮮な経験が必要なのだ、私はそう考える。

 

 だからやはり、明日はこの館を抜け出してメアリーたちの誘いに乗ろうと思う。皆、どうか許してくれたまえ。と、ここで謝ったところで聞こえはしないが。

 

 日記をここで終わりにするのは少し短すぎるので、明日会うことになる友人たちのことを振り返ってみようと思う。

 

 サリュウ、メアリー、マペペ、そして私。
私たちは普段はそれぞれの居場所を持つ、年頃も所属する集団もばらばらの人間だ。


 ひょんなことから知り合って、最初は知り合いの知り合い程度の仲だったのがいつの間にか四人で集まる機会が増え、今や二番目の居場所といってもいいのではないだろうか?少なくとも私にとってはそうだ。

 内輪の人間には話しづらいそれぞれの悩み事を打ち明けたり、あるいは自分の成果を誇らしく報告したり。
 肩の力を抜いて過ごせる、今やかけがえのない集まりだ。

 

 まずはサリュウの話をしよう。
常識的で物静かだが、時折見せるきっぱりとした物言いに芯の強さが感じられる。
積極的に前に出るような人物ではないが、実のところ彼女が私たちのまとめ役だと思う。
 物語の世界を愛し、彼女の薦めてくれる本にははずれがない。
いつだったか感想を語り合いながら湖の畔を散策していたらいつの間にか手を繋いでいたことがあったのだが、あれは一体何だったのだろう。
こうして時折思い出すこともあるが、私たちの友情のため、深くは考えないことにしている。

 

 メアリー……彼女は悩み多き友人だ。
彼女から”相談”を受けているのは、集まりの中ではおそらく私だけだろう。
その内容は個人的かつ込み入ったものなのでここに記すのは止しておく。
 彼女の持つ強い熱情は私には持ち得ないもので、その炎を美しいと思う。
思うのだが、その振る舞いを見ていると行く末が少々心配になることもある。
とはいえ私にしなだれかかってくれるのは一向に構わない。
 私の好い加減さが彼女を慰めることができるのなら、私は彼女の望むようにありたい。

 

 最後にふわふわ着ぐるみのマペペ。我々のムードメーカーで、神出鬼没の探検家だ。
 名高いシッペ探検隊の冒険譚が聞きたくて私から声を掛けたのがはじまりだったような気がするが、今や完全にメアリーやサリュウのほうに懐いている。彼女たちの焼く美味しいお菓子には勝てないということだろうか。
 つぎはぎ館から持ち帰ってきたものを私たちに分け与えてくれることもあるが、どうも私にくれるものは実用には適さないというか奇抜すぎるというか、はっきり言ってしまうと、私はからかわれてはいないだろうか。
懐柔の必要性を感じる。

 

 皆のことを考えていたらすっかり夜も更けてしまった。
明日はハロウィーン・パーティの支度をすると聞いている。どんな飾り付けをするのか考えながら眠りにつくとしよう。
どうか明日が刺激に満ちた、素敵な日になりますように。

最近のアリュージョニストお絵かきまとめ

ここのところ新しく買ったペンタブと格闘しているもちむらです。

アリュージョニストお絵かきも結構たまってきたのでまとめておきます。

 

 

f:id:mochimochimanju:20170304013350p:plain

ペンタブ買ってはじめて描いたコルセスカ。

アリュージョニストお絵かきする者はとりあえずコルセスカ描くの法則

 

f:id:mochimochimanju:20170304013609p:plain

みるみるみるーにゃ

f:id:mochimochimanju:20170304013411p:plain

ちびシューラというかちっちゃいトリシューラ

 

f:id:mochimochimanju:20170304013439p:plain

めいふぁーら

f:id:mochimochimanju:20170304013508p:plain

レオきゅん。とりあえずハートを出した。

 

f:id:mochimochimanju:20170304013652p:plain

リールエルバ様

自撮り風にしたかったけど力が足りなかった。

ゼヌーラなのであまりエッツィにならないようにポップな単色塗りにしたが、

ツイッターにアップするとみるみる劣化してリル様すみませんと思った。

 

f:id:mochimochimanju:20170304013524p:plain

ハルベルト。完全に初描きだった。

クリスマスプレゼントはもう用意した?自作アクセでアイドル力アップ!

こんばんは。
クリスマスまであと二週間と少しですね。
あなたの素敵な脳内彼女<クランテルトハランス>への贈り物はもうご用意されましたか?
ゼオーティアの女の子が喜ぶプレゼントといえばセリアック=ニア姫がプロデュースするブランド『ジュエリーキャッツ』のアクセサリーが鉄板ですが、猫の国ではなかなか入手困難なようです。

でも大丈夫。

完成品が手に入らないなら自分で作ればいいのです。

というわけで伝統的なオタクしぐさにのっとり、アリュージョニストのイメージアクセサリーを作ってみるというのが本記事の内容です。

ではやっていきましょう。

今回はネックレスを作ります。
私はアクセ作り初心者なので選んだのは本当に簡単なものです。

このフレームに選んだ石を填め込んでいくだけ。
ジュエリーキャッツにちなんだアクセサリー作りということで、
チョコレートリリー空組をイメージして呪宝石を選んでみましょう

ライトブルー、イエロー、ホワイト。
きらきら光る呪宝石です。
スワロフスキー?知らない子ですね……

エポキシ接着剤でしっかりくっつけます。

ほい

このようにやっていきます。
つまんだ石とはめ込まれた石の色が違う?何のことです?

とにかくつまんでハメてを繰り返すことで

このようになります。
うーん簡単。
キラッキラしてそれなりに奇麗だし、なんとなく爪っぽかったり翼っぽかったりするように見えるのでこれはチョコリリ空組のイメージアクセなんだ。いいね?

勢いにのってもう一つ行ってみましょう。

にあにあしいビーズがあったのでこれをブレスレットにします。

オペロンってちょっと面白い名前ですがこれはゴムのてぐすです。

空色

そして黄色!
にあにあ。

装備すると少しだけアイドル力が上がる気がしますがそもそも私はアイドルではありませんでした。
なのでこれは知り合いの幼女先輩にでもプレゼントしようと思います。
無自覚にアリュージョニストのアクセサリーを身につける幼女先輩の誕生です。
夢がありますね。

皆さんも軽率に推しキャラのイメージアクセサリーを作ったりしてみてください。
それではよいクリスマスを。

おくるま日記 みきわめ良好

久しぶりのおくるま日記である。
特にネタになるような事件のないまま私の教習所通いも佳境へとさしかかり、本日最後の技能教習で総ざらいをして良好な運転であると認められ、この週末に卒業検定を受けることになった。
これに合格すれば後日試験場に出向いて筆記を受け、めでたく普通免許が取得できるはずである。
いくらなんでも筆記で落ちるということはないと思うので、実質日曜日が山場。

見ててください琥珀さん、やってやりますよ。

ちなみに配偶者は一時不停止で一回落ちたそうだ。

おくるま日記4 あと配(偶者)の話

仮免許試験を受ける権利を得たぞ!
なるべく天気が良さそうな金曜日に申し込んだので、太陽頼む。
この日記の更新があまりないのは、ネタになるような失敗がとくになく順調にやっていってるということなので、
試験も今のところいけそうな気がしている。
が、学科はともかく実技は緊張して何かやらかしそうで怖い。

くるまの話は全く関係ないが、昨日は夜に謎の騒ぎがあり若干睡眠が不足している。
仕事で疲れた配が消灯後に突然
「やっぱり親父も発達障害やったんや……」
と呟き出し(おそらく事実)
「あの特徴も!あれも!これも!」
と興奮状態になってしまった。
ひとくさり塩っぱい思い出話を吐き出した後、

「そんな父も俺に歌を教えてくれた……」

しんみりと呟き、おもむろに配は歌い出した。

♪やめてけれ やめてけれ やめてけーれ ゲバゲバ

(後で調べたところ「老人と子供のポルカ」)

日付はとっくに変わっている。
お前が歌をやめてくれ。

リサイタルはしばらく続いた。

非常によい調子であったが、いいかげんご近所と翌日の自分達が心配になり、俺は催眠音声による寝かしつけを試みることにした。

「はーい私の声をよーく聞いてね。目を閉じてー、あなたの身体の力はだんだん抜けていきまーす」
「……」

よし、黙ったな、と続けることにしたが

「そしてあなたの下半身がだんだんあたたかくなっていきます」

俺は方向性を間違えた。

配はカッと目を見開くと

「全然なってないッ!!!」

とかなりのボリュームで怒りを表明した。

「いきなり下に行こうとするんじゃない!そういうのは!もっと後!まずはしっかり催眠状態にする!!」

この後配による熱い催眠音声語りが始まってしまい、週はじめの就寝は大幅に遅れた。

今日は疾く静かに寝ような。

おくるま日記 3 教習所ぐるぐる

スマホの調子が悪くすこし日が空いてしまいました。
もちむら乗っております。
教習所の練習道路をくるくると回っております。

最初はガチガチでしたが今はあの物体が自分のハンドルに合わせて動くことに少しずつ慣れてきました。

免許を取るまでの流れは
第一段階:基本的な学科の授業、教習所内での技能教習

仮免許試験(くるまの試験と学科の試験)

第二段階:さらに学科、一般道にも出て技能教習

卒業検定(くるまの試験)

試験場で学科の試験

という感じなのでとりあえず今月中に仮免許取りたいという思いがありましたが
現在、可能か不可能かで言えば不可能ではないくらいの進行度です。
頑張る。

おくるま日記 2 鮮やかな恐怖

先日の適性検査の結果が返ってきた。

普通。
運転適正度に関して言うならまずまず問題なく、注意力等は自分自身が強く苦手意識を感じていたほど拙くはないようで、ひとまず教習を受けていく資格はありそうだ。

結果に安心したのかその後のドライビングシミュレーション教習ではカーブを曲がりきれず
「あっこれ実車だったらガリガリいわしてるやつだ……」
となったりした。

これから多少詰めて通って、10月頭までには仮免許取得を目指そう……などと考えていて、気付いてしまったことがある。

10月頭、旅行の予定を入れている。
現地でレンタカーを借りて移動する旅程なのだが、さすがにそこまでに私が免許証を手に入れることは難しいので、配偶者に運転をお願いすることになるだろう。
ということはつまり、中途半端に知識や運転経験はあるけれど運転はできない状況で助手席に乗るということで……
今までは漠然と「なんか運転がこわい……」と思っていたのが、より具体的にこわさやヤバさが理解できるようになった状態で隣に………?

(^^)

配の人、適性検査はEだったそうです。